読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

For No One

パリ、東京、ニューヨークでの思い出話や日々思うことをつらつらと書いていきます。

人種差別と出会った日

千葉県の葛飾幼稚園の年長さんだった私は、唐突にパリ17区の公立小学校St. Ferdinandに入学した。
フランスの新学期は9月で、着いたのが11月だったから、12月とか1月とかに入ったんだと思う。
 
もちろんフランス語なんてできるわけもないから、周りが何を言ってるのかわかるはずもない。
先生がつきっきりだ。時折ちょっとめんどくさそうだ。
小1から万年筆を使わせるから、指がインクだらけで真っ青だ。
書かされているものが文字なのか絵なのかもわからない。
 
そして、子供は大人よりも残酷だ。
アジア人を間近で見たことがなかった子供たちは、明らかに私をバカにする。
みんなで集まって私の前に立って、意地悪そうに笑いながら私を悪口を言う。
 
何を言われているかわからないけど、からかわれてるのはわかる。
「黄色い顔」「でか頭」とか言われてるのも、なぜかわかる。
 
なんでだろう。
なんでわたしはこんなところに居るんだろう。
わたしはみんなと違うのかな。
なんでわたしはみんなと違うんだろう。
なんでみんなと違うとバカにされるんだろう。
 
泣きながら家へ帰る日々が(少し)続いた。