読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

For No One

パリ、東京、ニューヨークでの思い出話や日々思うことをつらつらと書いていきます。

妊娠話

妊娠したことを周りに報告すると、みんな聞かなくても色々な話をしてくれる。

経験者たちは自分の話を、そうじゃない人たちは周りの人の話を。

参考になるかどうかと聞かれたら正直ならない。妊娠は本当に人それぞれで、私はつわりも皆無で今の所比較的楽な妊娠生活なのでなおさらかもしれない。いつ炊きたてのご飯の匂いがイヤになるかな?とちょっと楽しみにしていたら、いい匂いのまま現在妊娠7ヶ月目です。

妊娠初期はホルモンバランスがジェットコースターなので、どうせ該当しない経験談が煩わしく思えて、もう誰の話も聞きたくない!と思った時期があったけど、最近は単なるネタ?として少し距離を置いて聞くことにしている。特にあれが痛いこれが辛いっていう話はお互い何のメリットも無いから、聞き流すようにしている。

本当に何か知りたかったら、今のご時世ネットで検索したほうがよほど正確な情報が手に入る。

というわけで、ネタ的に面白かった話をいくつかご紹介します。

 

その① - 若い頃はやんちゃだった三児の母の話。

「一人目を生んでからタバコを再開したんだけど、ある日吸ったらすごくまずく感じで、ついに肺がんだ!と思って暗い気持ちで病院へ行ったら2人目の子を妊娠してたの」

その人は今、もうタバコは吸っていません。

 

その② - フランス在住の母と同じマンションに住む女性、二児の母の話。

彼女はもともと結構体が大きくて、妊娠したらさらに大きくなるので妊娠後期が非常に辛かったらしい。ある日会社帰りに検診に行ったところ、また重いお腹を引きずって帰宅して会社行って…と想像するともう我慢できなくなったので、「今日産みたい」と先生に言ったら、たまたま分娩室に空きがあったのでそのまま産んできたんだって。なんと2人目もそうやって会社帰りに思いつき?で、産んだとのこと。無痛分娩が当たり前のフランスだからまかり通る話なのかもしれないけど、そんな簡単に産んじゃうなんて旦那さんも相当びっくりしたことと思う。

 

その③ - 学生時代からの友人、一児の母の話。

フランス人の育児は結構ストイックで、大人と子供の線引きがとてもはっきりしているため、ぐずったり暴れたりする子供を大人が笑顔で見守るというイメージが無く、小さいときからみんなおとなしい。1歳半の友人の息子もとてもいい子で、居酒屋で大人たち(=両親)が飲んでいても静かに串焼きのブロッコリーなどをかじっている。その子は既に寝室は親と別のようだったので、「いつから別なの?」と何気無く聞いてみたら「3ヶ月から」と言われてぶったまげた。3ヶ月って首すわってましたっけ?私も何歳になってもお母さんと一緒に寝る子にはしたくないから早くから一人で寝かせようとは思っているけど、さすがに3ヶ月はちょっとスパルタかと。

「最初は鳴き声を聞いて心が引き裂かれる思いだったけど、2週間もすると慣れて泣かなくなった。夫婦の時間を大切にしたいから仕方ない」ってオイオイ、十代じゃあるまいし夫婦の時間ちょっとは我慢しろよ、とさすがに思ったのでした。

そんな彼女は最近仕事でフランスから東京へ来たのだけど、船便で私のためにマタニティウエア、授乳用の服、赤ちゃんの服、おもちゃ、哺乳瓶などなどを一式送ってくれて今週末届けてくれる。センスが良い人なので安心だ。話を聞いていると、消耗品以外はもう何も買う必要無さそうなくらい送ってくれたみたい。ありがたや、ありがたや。